予約する 今すぐ電話

バレーボール、バスケットボールに多い指のケガ(経験上)について

バレーボール、バスケットボールに多い指のケガ(経験上)について

 

バレーボールやバスケットボールの様にボールを手の平で受けたり、打つような動作で指が過伸展

(無理に伸ばされること)した時に指の骨の付け根、手の平側に掌側板(volar plate)と呼ばれる

線維性の軟骨(コラーゲンを多く含む骨)があります。そこの部分を骨折する事が多いです

上のイラストで赤く〇した部分をよくケガします

下のイラストは赤い〇の部分を拡大して、レントゲン上ではこのように映ります

 

受傷時、当人は指が曲げれず伸ばすのも痛がります。また指の関節全体に腫れと痛みがあり

どの辺りがケガしたのかわかりずらいです。

腫れが強いので大雑把に触るとよくわかりません、イラストにあるように

指の先から自分の指先で指のしわになった部分を押してみます、

赤い矢印の部分にそこだけ、痛烈な痛みを確認できます。

あとはレントゲンで確認で骨折かどうかわかります。

治療は指を軽く曲げた状態で固定を約3週間からします。

治りもよく指の動きのも支障なく治ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はた楽整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0743-62-0458

Tel0743-62-0458
タップして電話する

奈良県天理市別所町81-8-102 通眞ヨシエプラザ
近鉄天理線 天理駅から徒歩20分

ページトップへ戻る