予約する 今すぐ電話

巻き肩と親指

巻き肩と親指

肩凝りのタイプで巻き肩があります。自分が巻き肩かどうかは、

上を向いて寝た時に自分の肩が床との隙間で確認できます、

巻き肩の人は肩が床から浮いています。

また浮いている肩の付け根を押さえると

グリグリと筋肉の凝りや圧痛などがあります。

巻き肩の人はまた手首から親指にかけての

動き(可動域)が固くなっています。

例えば、招き猫の手の様に肘を身体に添えて、

手首をしっかりと曲げる事が難しくなります。

また手の甲を腰の後ろに手をまわすと

肩の骨が前方に移動してきます。

この様に巻き肩の人は手首から

親指の動きをよくする事で巻き肩が改善していきます。

デスクワークなどでパソコン作業をする方や

スマホで親指をよく使う人は自分自身の肩の位置や

手首の動きを確認してみてください。

また肩をほぐすだけでなく親指や手首も和らげる様

にして肩への負担を減らしてください。

手首や親指が柔らかくなるだけで、肩の開きも楽に感じます。

それでも改善しない場合はお気軽にご相談ください。

はた楽整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0743-62-0458

Tel0743-62-0458
タップして電話する

奈良県天理市別所町81-8-102 通眞ヨシエプラザ
近鉄天理線 天理駅から徒歩20分

ページトップへ戻る