予約する 今すぐ電話

関節のお話し

関節の構造

関節はいかにスムーズに動かすか

その為の構造を説明します。

 

①二つの骨つないでる袋状のものを関節包といいます。

関節包は内面と外面の二層構造で関節のほうの内面は

血管がおおく滑液といわれる関節をスムーズに動かす

関節液を出します。

 

外側は関節の運動をコントロールしたり保護したりする

ので強い構造となってます。

 

②関節包に包まれた関節は関節腔と呼ばれる

すきまがあります。その中を関節の潤滑油の

ような滑液とゆう関節の液体があります。

滑液は関節にかかる圧力を分散して衝撃を

吸収する機能もあります

 

③関節の表面の関節軟骨は厚さ0.5~2㎜で

関節のかみ合わせ良くしたり、関節液をたくさん

含んで関節面の衝撃を緩めたり、摩擦をへらして

滑らかな動きを可能にしています。

 

④多くの関節は凸面の関節頭と、受皿のような

凹面の関節窩となってます。

 

⑤関節包の部分的に強くなった部分が関節靭帯と

なって関節をしっかり繋ぎ止めたり、関節が

動く支点となったり、変な方向へ動かない

様に制御したり、また一定の方向に動かしたり

します。

 

⑥その他にも関節の受皿を大きくする為に

肩関節や股関節にある関節唇と呼ぶものや、

顎の関節にある円盤状の関節円盤や

膝関節にある半月板など関節を安定させたり

関節の動きを助けたりするものもあります。

 

 

 

 

このように関節はいかにスムーズに動かすか

また衝撃を吸収したり運動方向を助けたり、

自ら関節液で軟骨の状態を保ったりとしています。

 

そんな関節も年齢やケガ、スポーツなどで

関節に無理がかかるとこれらの機能も損なわれます。

機械の歯車の様に定期的なメンテナンスが

長持ちさせる秘訣です。

 

はた楽整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0743-62-0458

Tel0743-62-0458
タップして電話する

奈良県天理市別所町81-8-102 通眞ヨシエプラザ
近鉄天理線 天理駅から徒歩20分

ページトップへ戻る